株主優待をもらう手順1 証券会社を決める 

株主優待をもらうためにはまず証券会社を決める必要があります。

私が使っている証券会社はSBI証券です。

私がSBI証券を使っている理由は以下3点です。

  1. 売買手数料が安い
  2. 注文が簡単
  3. 大手である

1.売買手数料が安い

私が使っている一番の理由になります。アクティブプランを使うと1日あたり100万まで手数料が無料です。

私は500万円前後の株主優待株を保有していますが、10年以上の経験で、一度も1日で100万の売買をしたことはありません。理由は1000株以上の株の場合は、数日に分けて売買するためです。

また、過去何度か他社が手数料の安いプランを登場させたとき、手数料の引き下げを行っています。そのため、今後も「手数料が安い」を維持してくれる安心感を私は持っています。

2.注文が簡単

1週間1,2回指値で注文を最長期間で出すことが多いのですが、△のラジオボタンもあり、注文が簡単にでき慣れれば買いたい株が決まってから10秒前後で注文ができています。

3.大手である

SBI証券は口座数500万以上、ネット証券全体の売買代金の4割を占めているネット証券の大手です。そのため、会社がなくなり口座を移管する必要が出てくる可能性が非常に少ないと考えています。

また、1.でも述べましたが他社に対抗するだけの力があり、他社への移管を考える必要がほとんどないのも大きなメリットです。